プレ地盤診断サービス「BIOSCOPE」

  • 決めたはずのコストが契約後にアップするかもしれない?

    打ち合わせで予算を決めたはずなのに、予算オーバー…」 こんな話を聞いたことはありませんか?
    実は住宅購入検討で困ることの1つが、予算と実際の費用との乖離です。「バルコニーがほしい」「天井を高くしたい」、夢を膨らませていくうちに、住宅会社から予算をはるかに超えた金額を提示されることがあります。
    ただ、それ以上に困るのは、費用確定後のコストアップです。プランが決まり、土地と建物の費用も決まり資金計画を作った後で、突然コストアップしてしまうことがあるのです。
    その理由は、地盤改良の費用です。通用、地盤改良が必要かどうかは地盤調査を実施するまでわかりません。磁場調査の結果、地盤改良が不要であればコストは変わりません。しかし、もし地盤改良が必要になればコストがアップしてしまいます。
    安心な住まいづくりのためには地盤の安全確保は必須です。どんなに耐震性の良い家を建てても、どんなにかっこいい家を建てても、地盤事故によって家が傾いてしまっては住むことができません。ですので、もし購入した土地、もしくは購入を検討している土地の地盤の安全性に問題がある場合は、地盤改良をしなければならないのです。

「BIOSCOPE」と通常の地盤診断の違い

通常の場合:通常はこのタイミングで地盤改良が発生するかどうかがわかる。

   通常の場合    BIOSCOPEと通常の地盤診断の違い BIOSCOPEの場合

住宅会社相談

土地鑑定

プラン検討

見積

資金計画

建築請負契約

地盤調査

(ここでプレ地盤診断)

(地盤診断)

BIOSCOPEの場合:早いタイミングで地盤改良の可能性を検討することで、予算を組みやすくなる。

  • コストアップを回避するプレ診断地盤サービス「BIOSCOPE」

    予想外のコストアップを実は回避する方法があります。費用が確定する前の段階で地盤改良があるかないかを判別するのです. その事前に地盤火曜の判別をできるサービスがプレ地盤診断サービス「BIOSCOPE」です。
    「BIOSCOPE」を利用できる住宅会社・工務店へ行くと、契約前に地盤改良があるかどうかを診断して地盤改良が発生する見込みがが高ければ初めから予算に組み込むことができます。また、 土地選びの段階で「BIOSCOPE」の情報があれば、初めから地盤改良が発生しにくい土地を選ぶことも可能です。
    もし、「BIOSCOPE」の利用で事前に地盤改良費用を予算に組み込んでいて、正式に地盤調査をした結果、地盤改良が不要であった場合には、建物の性能やデザイン性など、 あと少し欲張りたかったクオリティを高めるためのコストとして使うこともできるのです。

  • プレ地盤診断サービス「BIOSCOPE」のサービス内容

  • プレ地盤診断サービス「BIOSCOPE」活用できる住宅会社を選ぶメリット

    1. 契約前に地盤改良が必要かどうかを診断して、地盤改良で発生する費用を事前に見込むことができる
    2. 初めから地盤改良が発生しにくい土地を選ぶことができる
    3. 地盤改良で使うはずだったコストを住宅自体のクオリティを高めるために使うことができる

    プレ診断レポートサンプル

    地盤改良の知識は難しいイメージがありますが、住宅購入検討者様にとってわかりやすいレポートをお渡しできるようになっております。

  • 一般会員(住宅事業者)の方へ  プレ地盤診断サービス「BIOSCOPE」の利用方法

  • 1. お近くの賛助会員へ、診断してほしい場所の情報をメールもしくはFAXで連絡。
    2. 賛助会員より、BIOSCOPEプレ地盤診断レポートをお届け。
      ※レポート内容に関してご質問がある場合は、賛助会員へお問い合わせください。 BIOSCOPE流れ